スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タツカプUASの絵が・・・

タツカプUAS公式

なんか、キャラの絵が、全体的に前作の方がカッコいい気がする。
リュウとテッカマン、Vジョーと新キャラはいいんだけど、
他はなんかヘンというか締まらないというか、中途半端なポーズのキャラが多いような。
あと女キャラの顔がみんなかわいくなくなってるんだけど・・・
これが海外向けってこと?

ポリマーとか笑っちゃうんだけど、素でやってるのか
キャラの立ち位置的に敢えてやってるのか判断に困ります。



タツノコVS.カプコン アルティメット オールスターズ 特典 サントラCD付きタツノコVS.カプコン アルティメット オールスターズ 特典 サントラCD付き
(2010/01/28)
Nintendo Wii

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

ブレード&フランク

公式にフランク・ウェスト参戦が発表、テッカマンブレードのプレイ映像も。

テッカマンブレード動画

待望の90年代ヒーロー!
動作の演出がかなり気合入ってますね。
テッカマン並かそれ以上の火力で、しかもスピードも速い。
リーチもあり、ものすごい糞キャラの悪寒も(^^;
切実に元祖テッカマンの立つ瀬がなくなりそう・・・
アシスト要員で頑張ってください。


フランク・ウェスト動画

原作のゲームは知らないけど、かなりの個性を放っている、普通じゃない一般人。
お笑いキャラなのか。
メガマン(ロックマン)に変身してリアル・メガバスターっておい!
なぜか動画再生数がブレードの10倍ぐらいあるんだけど(笑)
海外にそんなに人気なんだろうか。
LV3をライタンにかけるところを見てみたい。

どっちもタツカプに新しいテイストをもたらしてくれていて、素晴らしいと思います。

噂では後の追加キャラはコンドルのジョー、ヤッターマン2号、ゼロということですが、
今回の二人を見て、残りのメンバーにも期待が持てそうに思いました。

個人的にはヤッ太郎とかシュラトも欲しいんだけどね!

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

ブレードですか

嬉しいけど初代テッカマンがいるからないと思ってたよ。
キャラ被りはないんだろうか?

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

FUK'N ROCK TRANSLATION!

YOUTUBEのタツカプED動画で
サキのEDがしゃべってるばかりで
外人さんには意味不明だろうな~と思って
コメントで英訳(あまりの拙さに自分でもびびった)してあげたら
反応がよかったXDDD
UP主(外人)が他のキャラのも訳してくれみたいなこと言ってる(笑)
多分だけど。

でも、何でかわからんがコメントができない・・・

テーマ : 格闘ゲーム
ジャンル : ゲーム

北米版の



大鷲の健 → KEN THE EAGLE
白鳥のジュン → JUN THE SWAN

なのに

灰燼の蒼鬼 → KAIJIN NO SOKI

なのはなんでよ(笑)


ムゲンノケンセンとかフタエノキワミみたいに
サムライ関連は日本語を優先する風潮が格好いいのだろうか。

そして

ロック・ヴォルナット → MEGAMAN VOLNUTT

海外はロックマン→メガマンなのは知っていたけど、
全てのシリーズに連動してるんだね。
やっぱり岩男はイヤンだからですか?


そしてダメージの単位がなんとビリオンダメージに!ますます無駄にすごい。


テーマ : 格闘ゲーム
ジャンル : ゲーム

タツカプキャラ ゴールドライタン

ゴールドライタンって、名前はなんとなく聞いたことがあったんだけど、
タツカプをプレイするまで、ちゃんと見たことはなかった。
見た感想は、本当にサンシャインに似てるな~と。

サンシャインというのは、サンシャイン60という高層ビルをネタ元にした
超人だと思われるんだけど、このビルは別に黄色系統の色じゃないよね(笑)
「ぼくがかんがえた超人」サンシャインのお便りを送った読者が、
サンシャインのデザイン画に彩色していたのかな?

世に出たのはゴールドライタンの方が先のようです。


ライタンはタツカプのひとつの目玉とも思える超巨大キャラで、
3Dグラフィック&ズームアウトによって、こういったキャラとの戦いも
見易く行われるのは、非常に新しい可能性を感じました。

タツノコは巨大人型ロボの作品もいくつかあるようですが、
中でもライタンは非常に格闘ゲームに適したロボだよね。
まず、ロボットといったらいろいろな武装で戦う者が多いと思うんだけど、
ライタンは基本肉弾戦。
そして、ロボット自身が人格を持ち、フツーにしゃべるタイプなので、
殴る・蹴る・やられるといった動作に生きた声を自然に乗せることができる。

性格も、さわやかで人の良さそうな「気は優しくて力持ち」なキャラであり、
こういうキャラがメインを張っていたのは、やっぱり時代を感じさせますね。
今じゃなかなかヒーロー役には適用されないタイプな性格だと思うので、
逆に新鮮なかんじがします。

ただ、一人でプレイするにはあまり使って面白くないキャラだね^^;
この巨体で普通サイズのキャラを倒してもねぇ。
CPU戦の中ボス役として、戦って楽しいキャラではあります。

それから、BGMは凄く良いですね。ギターのメロディの臭メロがぐぐっとキます。
元の主題歌もかなり熱い!

テーマ : 格闘ゲーム
ジャンル : ゲーム

タツカプキャラ コンビ

やっとライタン、イワンでクリアできました。
一応全キャラクリア達成かな?

タツカプでは、公式でタツノコ・カプコンのキャラがペアになった
壁紙があります。
ちょっとそのコンビを見てみる。

・リュウ&健(看板キャラコンビ)
・春麗&ジュン(ヒロインコンビ)
・アレックス&テッカマン(パワー型コンビ?二人はOPでも力比べしています)
・バツ&ポリマー(熱血漢コンビ?)
・モリガン&ドロンジョ(セクシー美女コンビ)
・蒼鬼&鴉(刀コンビ)
・PTX-40A&ゴールドライタン(巨大ロボコンビ)

これらは何となくわかるんだけど、
あと一枚

ロック・ロール&キャシャーン・ヤッターマン一号

の4人が一枚になった壁紙があります。
・・・これは何?

ロックとロールが一緒なのはわかるけど、
キャシャーンとガンちゃんが組む理由が・・・

キャシャーンがロックマンの元ネタだという噂も聞いたことがあるけど・・・

ただの余り者なのかもしれないですが、
辿りついた結論は「犬ロボと仲良しコンビ」

キャシャーンにはフレンダーという、キャシャーンより強いらしいロボ犬がいるし、
ロックマンにはサポートメカのラッシュというロボ犬がいます。
ロックマンDASHに居るのかは知らないけど。
で、ヤッターマンにはもちろんヤッターワンがいる。

これに違いないですね(笑)

テーマ : 格闘ゲーム
ジャンル : ゲーム

タツカプ北米発売?

本当だったらおめでとー。
版権問題はクリアできたのかな。

スト4でも国内より海外の販売本数の方が圧倒的に多かったようだし
いまどき格闘ゲームが海外で出せないとなるとキツイよね。
出来たらネット対戦できたらよかったけど。

日本では全然人気無かったマヴカプ2も海外では結構評判はよかったようだし。

実際俺もマヴカプ2すぐやらなくなったなぁ。
なんつーかアシスト強すぎだし、徒手空拳や投げで戦うキャラより
ビームとかぶっ放せるキャラが有利だし。中攻撃がコンボ以外では無くなったし。
格闘ゲームじゃなくて射撃ゲーム?みたいなかんじになってしまったんですよね。

テーマ : 格闘ゲーム
ジャンル : ゲーム

タツカプキャラ感想 アレックス

アレックスはストリートファイターⅢシリーズの主人公です。

俺は、いわゆるいかにも主人公っぽいキャラクターというのは
あまりストレートに好きになることが少なく、だからこそ、
主役でない者達もそれらと同等に活躍することができる可能性を持つ
対戦格闘ゲームというジャンルが好きだったりします。
主人公は後に(笑)がつきそうな主人公(笑)ぐらいで丁度よいと
思っていたのですが、最近、ネット上では素でこのアレックスが
「主人公(笑)」という愛称を持っていることを知り、驚き、いや納得したのでした。

以前ゲームセンターに遊びに行っていた時、
奇妙なゲームを見つけました。
闘っているキャラクターがやたら気色が悪く、全体的に気味が悪い。
「なんだこれ?どこのマイナーメーカーが作った糞ゲーだろう?」と思ったものですが、
よく見ると、おなじみのリュウやケンがいるじゃあないですか。
それがまさか、天下のストⅡの正統なる続編・ストⅢであろうとは
思いもよらなかったのでした。

そのゲームをやってみた俺が、最初に選んだキャラクターがアレックス。
筋骨隆々のマッチョ野郎なのですが、顔もそこそこ美形。
投げ必殺技も持ち、ザンギエフなどのレスラーキャラが好きな俺にぴったりと思いました。

アレックスは、俺の昔の「ぼくがかんがえたプロレスラーキャラ」にかなり似てるんだよね。
格闘ゲームで、現実で考えたら、どう考えてもこいつは無茶苦茶強いだろう、と思うような
屈強な巨漢キャラは、大抵軽くてスピードのあるキャラに蹂躙されていた。
しかも顔も不細工系で救いがない。
そのオリジナルキャラクターは、「デカくてマジで強くて美形なキャラが居てもいいじゃん!」
という願いから考え出したものだったのだと思います。
同じような条件で、キン肉マン二世のスカーフェイスも好きなキャラクター。

格闘ゲームに詳しい友達にストⅢのことを聞くと、
アレックスが主人公ということを聞かされた。
しかし、使い勝手から考えてリュウが主役としか思えなかったので、
きっと嘘だろうと、そのことは忘れていってしまったのでした(笑)
いや~マジで主人公だったんだね~
ちなみに俺はその後、時々ストⅢで遊ぶ時は、
アレクよりも強力でインパクトのある投げ技を持つヒューゴーを専ら使うようになりました。
アレクごめんね(笑)

今回のタツカプでは、念願の(?)他社クロスオーバー作品初出場になったアレク。
VSシリーズ皆勤のザンギエフを押しのけての登場で、
そのポジションに収まった感がありますね。

マーヴルVSでは、ブラックハート、ジャガーノート、ドクタードゥームと言った濃いヴィラン達も
個性を奮っていましたが、今回の悪役キャラはコメディ担当でもあるドロンジョとラスボスだけ。
さらに、ザンギエフ・豪鬼などの、「濃いけど人気もあるキャラクター」も排除され、
パワータイプ担当も、ザンギおじさんよりは受けが良さそうな
「ぼくらのアレクお兄さん」という感じです。
全体的にクリーンな印象で、子供にも良さそうな雰囲気になっていますね。

主人公(笑)などと揶揄されるアレックスですが、今回ばかりはその主人公らしくない点が
功を奏したんじゃないかと思います。
バツ(ジャスティス学園の主人公)なんて必殺技が劣化リュウに思えなくもないし・・・
アレックスが飛び道具・対空アッパー持ちのキャラだったら
多分出られなかったのではないかな。

原作では使用する超必殺技を3つのうちから1つを選択しなくてはいけないのですが、
今回は3つとも使用可能なのがいいね。
やはりアレックスのトレードマークテクニックは、
LV3技になっているハイパーボムということのようです。

ゴールドライタン相手にもスタンガンヘッドバットをぶちかまし、
足をつかんで投げ飛ばす様が素晴らしい。

声も外人さんではなくて日本人の声優さんになっているようで、
ゴツい声になってますが、こっちの方が好きですね。
まさか「ヤッターマン5号」を言うためのだけに日本人に変えたのか?

しかし、投げキャラの調整が難しいのかもしれませんが、
今までのVSシリーズにおけるザンギ同様にそんなに強くないキャラみたいです。
対戦をしないので別に構わないんだけど、
巨大ロボを除けば一人だけ2段ジャンプがないとか露骨に差別されてます。
一撃あたりのパワーがあるので、攻撃面ではいいんだけどね。

彼が3Dになり、他のキャラとタッグを組んで戦うというだけでも感涙モノです。
一番しっくり来るパートナーはリュウだよね。

いいキャラだと思うので、今後も何かの機会にゲームに登場させて欲しいキャラですね。


テーマ : 格闘ゲーム
ジャンル : ゲーム

PTX動画


ガチャピンが勝ちまくる動画みました。
こんなに格好いいなんて・・・

テーマ : 格闘ゲーム
ジャンル : ゲーム

FC2カウンター
プロフィール

景

Author:景
必殺技はメイプルリーフクラッチです
よろしくお願いします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。