スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めだかボックス感想 第31箱

高千穂の扱いが良過ぎる!

なんですか
この花開院豪羅が羽衣狐を倒してしまうかのような展開は!

美男美女揃いの漫画だけど、ストレートな中性的美男子ではない高千穂を、
単なる引き立て役にせずに持ち上げてくるのはなかなか好印象。

可愛いキャラはおもいっきり可愛ければいい、
美形なキャラはおもいっきり美形でいい、
ただ、それだけじゃなく、いろいろな個性を持つキャラが
活躍してこそ、各々の個性がより引き立つし、
作品世界の中で、それぞれの魅力に客観性が生まれてくると思います。

いろんなキャラに個性を発揮して欲しい!

めだかボックス 2 (ジャンプコミックス)めだかボックス 2 (ジャンプコミックス)
(2009/12/04)
暁月 あきら西尾 維新

商品詳細を見る

めだかの秘密

分身のフェイントで高千穂に攻撃を試みるめだかだが、高千穂に防御されてしまう。
この分身というのは、第1箱で半分ギャグのように使用された技なんだけど、1巻&2巻で地味にネタにされていたので、単行本購入者にはタイムリーな登場かな。
それにしても、単行本のオマケは本編中のようなトガリが無く、素朴過ぎて逆に不自然に感じたり。
暁月先生が考えてるんでしょうか?

めだかの秘密は高千穂とは対照的に「反射神経がない」ということ。反射的に攻撃から体をかばったり、痛覚にひるむのを根性で防いで、目的の行動を取り続けることができるってことか。
なるほど。
「ダイの大冒険」のマァムがミストに操られた際に、ミストはマァム自身の肉体がダメージを負うのも気にしないため、普段のマァムよりも、破壊力もスピードも増した攻撃が可能だった。
これをめだかちゃんは自力でやってしまうということですね。

高千穂の自動操縦に対して、めだかは完全マニュアル操縦ということで、いいネタの仕込み具合。サーティンパーティは、めだかに足りないパーツを補うような構図だとか。最近の善吉は的外れな発言が多いので信用できない気がするのはさておき、フラスコ計画は「大魔王めだか」を完全体へと覚醒させるためのプロセスだとでもいうのでしょうか。
でも100年前からやってるんだよねー。

めだかと対極とされる、王土の「利己主義」と雲仙の「人間嫌い」は、わりと同じっぽいと言うか・・・
めだかを聖者のような優等生として描くならば、
七つの大罪なんかは全部めだかの対極になってしまいそうじゃない?



「ない方がいいのは女の胸くらいなもんだぜ」

なんだかしらないけどさりげに趣向を吐露する高千穂先輩。
うーむ。この人が言うと、半袖のようなエアオッパイが好きというよりは、
女性ボディビルダーのような、鍛え過ぎで胸の脂肪が無くなってるようなのが
好みに聞こえてしまう・・・

「胸の脂肪なんて動作の邪魔だからいらねーよ!
 洗濯板?Noooo!鋼鉄の筋肉胸板!筋肉こそ究極!チカラこそパワー!トレビアン!
 ちなみに俺こーんないいガタイしてっけど本職は研究者なんだぜインテリなんだぜ
 HAHAHAHAメンゴメンゴォ!」


ってかんじの。


黒神ファントム

うああ・・・
めだかが裸足になった場面にやられてしまいましたorz

裸足になってぴょんぴょん跳んで、
「あれ? 音が 遅れて 聞こえる よ」と、
なぜかいっこく堂のような台詞と共に超スピードで駆け抜ける、
「黒神ファントム」を発動!

いっこく堂ネタって、今の子もわかるんでしょうか(笑)
ドンドコドンの山口さんも真似してはいたのは知ってるけど。

「瞬きの瞬間を狙った」
「瞬きなんてするかよ」
というくだりで結論をボかしていてうまい。


そして、これがめだかの全盛期、中一時代のめだかの戦い方とのことですが・・・
一体何と戦ってたんですか(笑)
未体験の重篤事態ではなく、過去に何度もやっているような雰囲気なので
若干安心しましたが、全身の筋肉が断裂した上に、高千穂を仕留めるまでにはいっていない。

高千穂は胸の皮膚が破け、中から覗いている何かが発光。人工心臓?
箱庭学園のH・Nのエンブレムに似ているようにも見えるけれども・・・
予告では、高千穂を立ち上がらせる理由は、とあるので、これが関係しているのだろうか?


戦利品としてめだかのホルマリン漬けを所望する高千穂。
こいつはまた、フツーにそんなグロい発想してくるのか~。
どうせムネの好みが合ってないんだし高千穂には勿体無い。遠慮しておいて欲しい。


今後の展開は?

今週は善吉のモノローグが多すぎて少しうざかったかなぁ・・・
ここまできて、また過去のめだかの焼き直し&それを解説する善吉の構図に戻ってしまうとは。
もっと過去よりも未来見ましょう未来!


しかし、展開読ませないですねー。
まさか12人のしょっぱなの相手で、しかも倒しきらずに戦闘不能になってしまうなんて。
セイント星矢の12宮の戦いのような展開を想像した読者は、完全に踊らされているのかな(笑)

個人的にはめだかを回復させる間に 
善吉・阿久根・喜界島 VS 宗像・古賀・名瀬 の3on3展開がいいかなと思うんだけど、
まず目の前の高千穂をどうするんだって話だよね。


1.高千穂は既に戦闘不能
2.他の13ptやフラスコ計画関係者に高千穂が粛清される
3.善吉が倒す
4.いきなり時間が跳ぶ

うーむわからない。予測がつかない。

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

展開予想として・・・
敗北し、囚われの身となっためだか。
善吉たちは撤退を余儀なくされ、真黒を頼って
パワーアップの修行をして再び地下へ。
しかし、そこには洗脳(改造?)されためだかが
立ちはだかる・・・・いや、これは厨二すぎるか?

コメントありがとうございます!

めだか洗脳はありそうですが、
今のタイミングでやると、それで作品が終わってしまいそうな・・・(笑)

最終的にめだかが大魔王のようになってしまい、
善吉がジョーカー的な役割で、善吉だけがめだかを止められる、というのはあるかも。
FC2カウンター
プロフィール

景

Author:景
必殺技はメイプルリーフクラッチです
よろしくお願いします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。