スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WJ15号感想

巻末のコメント。

ドラクエ9はやってないんだけど、
「うるさいハエ」が何なのかはなんとなく想像つきます。
夢を売る商売をしている大人が、本来子供向けのゲームをプレイして
公式にそういうキャラづけでもないであろうものをハエだなんていけないと思います。
妖精です。天使です。萌え萌えキュンです。
あってる?


めだかボックス感想へ

以下

ワンピース、ぬら孫、トリコ、銀魂、
ハンター、黒子、リリエンタール

の感想になります。







ワンピース


黒ひげが、白ひげのグラグラの能力を奪いました。
ずるい!と思ったけど
マルコらが知る、黒ひげの体の異形性のおかげで複数の能力所持が可能であるらしい。

「白ひげの能力を奪った」ということには冒涜的な意味があったり、
世界最強の男が使っていた力を得たというハクはついたりするかもしれませんが、
ぶっちゃけ、グラグラゲットでそんなに強くなった気はしないような…(笑)
グラグラって、結局雑魚と建造物しか倒してないし、
視覚的にもあまりカッコよくない能力なんだよなぁ。
闇と地震では、合成魔法的な化学反応も無さそうだし。
てか、ヤミヤミだけでもわりとなんでもできそうだから…

メンバーの多くがはっちゃけているかんじな中、
「失敗したら解散か?」と心配するシリュウは
剣士ということを抜きにしても、麦わら海賊団でいうゾロっぽいポジションだと思いました。

赤犬がカムバックしたのが嬉しい。
ジンベエも、海流投げとかやれば無敵っぽいのに
モリアに空手くらわしただけでいまいち活躍してないんだよね…

バギーやクロコダイルって、白ひげの仲間でもないから
どこにも逃げ場がないような…どうするんだろう。

グラグラをゲットした黒ひげは、おれの時代だァッと有頂天。
ジャンプ200万の読者へ向けて見苦しいどアップが繰り出されました(笑)
お茶の間の皆様すみませんDの一族がご迷惑おかけしまして…

黒ひげは、この後海軍と戦うのでしょうか?
でも、世界政府は最終的にルフィが潰す的なことを、
そこで突っ立ってるターンエーガンダムがほのめかしていたので、
黒ひげが、ここで3大将やセンゴクまで倒してしまうとは考えにくいかな?








ぬら孫


新妖怪募集かぁ。
思いついたんだけど、陸を歩けるサメの妖怪で
「グランドシャーク」なんてどうかな?


うーーーん…
だいぶ我慢してきたけど、バトル漫画脳にはそろそろ辛い。
正直、すっごくチンタラしてるよねこの漫画。

 東北での修行終わった!うむ、いよいよ決戦のようだな。
→え?陰陽師の戦い?あ、終わった!結局全敗で意味ないじゃん。
 うむ、いよいよ決戦のようだな。
→え?白蔵主とかいう雑魚が仲間に?うむ、いよいよ決戦のようだな。
→え?雑魚のよくわからん仏像出てきた?倒した!うむ、いよいよ決戦のようだな。
→やっと決戦!先鋒は土蜘蛛!えっ倒せず勝負おあずけ?
→次の敵幹部は誰…えっ特訓?


…いい加減にして欲しいんですけど(笑)
往年の近鉄バッファローズの応援団の、相手チームの投手交代時のように
「は~よ~や~れ~」と言いたくなります。

あまりにゆっくりペースだよね。
やっぱりアニメ化決まって背後の心配がなくなって
守りに入ってしまってるんじゃないでしょうか。

「藍染」でずーーーーーーーーーーーーーーっと引っ張り続けてきたブリーチと同様に、
この作品も飽きられるまで引き伸ばして
この京都編と共に骨をうずめるぐらいの覚悟に見えます。

俺はブリーチにはおおむね好感を持つようになったからいいけど、
「昔好きだったけど引き伸ばしっぷりに嫌気が差した!」な人もいると思います。
この作品に入れ込む場合も、それなりの覚悟は必要かもしれません。








トリコ


釘パンチも13連まで来ましたか~
界王拳のようなインフレっぷり。

そのうち釘パンチマスターが敵として出てくると予想。

「ワシの釘パンチは108連まであるぞ」
「これは、ワシの24連釘パンチと同等…
  いや、30連と…40連…無効化せねば!…釘パンチやない!?」


熱いバトルだね。

腕を失うのも厭わず死線を潜り抜けようとするトリコの猛攻に、
それでもやられっぱなしにならないトミーロッド。
殺し合いをしてるわけですから、命の奪い合いをしているわけで、
そこに体の一部への固執は愚考ということか。

三国志演義の夏侯惇(カコウトン)という武将は、
戦場で矢が目に刺さってしまったのですが、目玉をその場で食べちゃったらしいですね。
戦場にいるのだから、命を失うことを考えれば、目玉ぐらいやすいもの。
「うろたえないぞ!」と気合を入れるための行動かもしれません。
だからっていくらなんでも食べなくたっていいと思うんだけど(笑)
親にもらった体を失わないよう、体内に戻すという意味だとか。

グルメショーウィンドーが割れて、ヘルボロスが復活したりするんでしょうか。








銀魂


最近忙しかったのと、
シリアス展開がだるく感じてまじめに読んでいなかったら、
いつの間にかえらいことになってるんですが…(汗

お登勢さん死んじゃったんでしょうか。
そこはるろうに剣心の薫的なアレでなんとか…
「かぶき町四天王なめんなァァァァ!」
と目を見開いてムキムキになってビーム発射しながら復活でもいいから
生きていて欲しいところ;;

地雷亜や鳳仙より強い銀さんより強い次郎長って
どんだけェ~








ハンター


か弱い娘さんを殺すぞと脅す主人公が印象的。

ハンターハンターの主人公たちは、
基本的に正義の味方や警察のようなものではないですよね。
目の前の事象を、ただ気まぐれに肯定したり否定したりする。自己中心的。

重罪人であり、改心した保障も全くない
ビノールトやボマーを、特に罰するでもなく逃がしたり、
メインキャラのキルア自身、殺さなくてもいい相手を殺した経験がある。
ゴンについては、純粋ゆえにどう転ぶかわからない危険性を持つ
というような表現をされてきたと思います。

そもそも、暴力とか殺人というのは、マトモな社会では肯定されないもの。
しかし、時に、社会の理屈では解決できないようなものを真実へ導くために、
不良とか任侠道といった媒体を使って、暴力を使わせるのがジャンプ漫画によくあること。
先週のロックオンの主人公が教師をぶん殴ったのだって、
不法行為で、道徳に反するものだけれど、
社会のしがらみで失われてしまう大切なことを気づかせるためのものだった
(ということに一応なっている)

そういうものから一歩奥へ進んで、
 「自分の周囲だけを優先しますがそれがどうかしましたか?
  別にうちら正義の味方じゃありませんし?」

と、何が正しいかの判断をいくらか読者にゆだねてくるようなタイプが一つのトレンドなのかな。

ワンピースでも、ルフィが兄一人を救うために
監獄の囚人を大量に脱獄させる結果になっていたりで、
自分の周囲だけを優先して、後は知るかァァァァァ!というのも珍しくはなくなっているよね。

「意外と穴がある優等生」よりも「意外といいところのある不良」
の方がよく見えがちなのも確かで、共感も得やすいのでしょうか。

しかしたまには、敢えて優等生なヒーローも好きだよ。









黒子


笑顔のカントクの頭からリリエンタールの雪のように
ツノが生えてきそうだと思いました。


緑間のチームとは本格的にぶつかることはおそらく
もうないとおもいますが、合宿で鉢合わせというキャラの
再利用方法は素晴らしい

緑間「フッ…勘違いするな。お前を倒すのは俺だからな。
   そこらの雑魚にやられてもらっては困る」

黒子がほんとに空気だなー最近。
テツヤと鉄平も名前かぶってるし…








リリエンタール


ローライズ・ロンリー・ロン毛って、なんとなくスナフキンぽいね

ローライズ・ロンリー・ロン毛とさくらは、
気が合いそうというより、若干キャラがかぶってるのでは(笑)

紳士の「はっはっは本当に死んでしまいますな」に笑った。


吉良ライトニング光彦と、カナリーナの活躍に期待ですね。



テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

景

Author:景
必殺技はメイプルリーフクラッチです
よろしくお願いします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。