スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WJ17号感想

年度末乗り切ったーっ^^
俺は自由だ!!!!!


めだかボックス感想へ

以下

ワンピース、ぬら孫、サイレン、ロックオン、
ハンター、いぬまる、トリコ、リリエンタール

の感想になります。


賢い犬リリエンタール 2 (ジャンプコミックス)賢い犬リリエンタール 2 (ジャンプコミックス)
(2010/04/02)
葦原 大介

商品詳細を見る












ワンピース


コビーが何かに覚醒しました。
敵前逃亡し、ルフィに一発KOされた時は
こりゃこの子の成長は相当待たなきゃだな~と思ったのですが、
大物救世主の予感?


赤犬が隊長を倒していき、着実に悪役としての実績を積み上げていく。
色気のまったく無い丸坊主頭も、スラダンの山王工業のメンバーのような、
ストイックさから来る強さを感じて魅力的です。

戦争の狂気の描写で、読者に対して、
政府側の正義に疑念を持たせようとするかのような展開。

やっぱり子供向け作品でもあるので、
主人公の敵側を悪く見せることを繰り返し強調するきらいがあるのかな。
政府・海軍が敵に回る場合は、大抵敵自身が正義に対して懐疑的であったり、
スパンダムのように単に下卑た人物を描かれたりする。

でもそれはあくまで海軍側の内部的な自戒・自浄作用であって、
それで海賊が甘えていいってことにはならないんじゃないかなぁと思います。

海賊が「法なんぞに縛られねぇぜー!」と自由に生きようとする様は
カッコいいと思えるんだけども、
アウトローを気取るからには、
それによるデメリットも全て被ることを覚悟の上でやって欲しいもの。
少なくとも政府側の温情・同情・手抜き・手加減・躊躇など、
「それほど絶対的な正義ではないという側面から来る弊害」をアテにして
「生き延びさせてもらう」海賊なんて何もカッコよくないですぜ。

少しだけいいところのある犯罪者が、
警察のちょっとした穴を追及して
お前もどうせ悪人なんだから許せよ、みたいな。

『世界政府もすっごい悪者でした』という結果論で正当性を強化する流れには
なるのかもしれないけれど、
ちょっと無理にルフィ側をよく見せようとするようで、現時点では苦しいなぁ。

ただ、赤犬さんの『はだしのゲン』にでも出てきそうなキャラは、
いかにも「非○民!」とか言って
神国日本の絶対正義を妄信してそうな、ということでこのデザインなの…?

死を覚悟の上で自分の正しいと信じる行動を、
一兵卒の領分を超えてではあるが遂行したコビーは男前ですが
それを一蹴する赤犬もまた間違ってはいない。
多くの人物の思惑が交錯して、事態は動いてくってことで。


そして、コビーを赤犬のマグマパンチから救ったのは
シャンクス。

次から次へと来ますねー
もう物語の主要勢力全員ここに順番に来て勝ち抜き戦やって
最後に残ったのが海賊王or海軍王でいいじゃない、とか思ったり(笑)

シャンクスは、白ひげに味方するだけならば、後から来る必要は無いので、
動機はルフィなのかな?


そういえば、黒ひげ陣営のニューフェイス4人は
設定のわりに糞の役にも立ってないんだけど大丈夫なんでしょうかッ

今のところ、ほぼ黒ひげ船長本人しか戦っていないので、
これだったら、インペルダウン襲撃なんてせずに、
七武海の一員として堂々と白ひげを倒した方が、リスクも少なかったんじゃないの。








ぬら孫


おおー結構話が進んだ!
二つもの封印を一挙に突破。

ここでまた茨木童子と首無が痛み分けで勝負お預けってなったら、
ちょっとおいおいって思ってしまいますケド…

いい加減、どちらかの頭数が減っていく戦いをして欲しいトコロです。
いつ本番戦に突入するのかとずーっと待ち続けているのに、
いまだ前座・準備段階を押し進めようとは。








サイレン


サイレンをまじめに読み始めたのは、
成長したカイル達が登場したのがきっかけだったので、
これでこの漫画の1サイクルを読了ということかな?

テコ入れっていうのは、それまで読んでない人を
読むようにしむける必要があるわけで、なんでもいいから
とにかく人目を引くってのが大事だな~。

完全に絶望しかない未来から、少しずつ事態が好転して
味方の勢力拡大が達成されていくさまが楽しい。
ただ、敵側も人員が増えて、戦力が増強されて
いるのかもしれませんが…

でも新キャラは、今回でやられる役になるために作られて
出てきたんだろうなーという気も。

イアン過労死してたのに幸せになれててよかったね。
祭・影虎はいまだ不明ということで、どっかでまた
別の死に方をしたのかもしれない…

しかしドルキの死は覆らないのか…別にいいけど(笑)








ロックオン


ニコがかわえー、ぐらいしか感想がないんだけどなんか好き。
真田のアップに何か狂気を感じて怖いんだけど(笑)
主人公が女の子に蹴り飛ばされるのがみせゴマってどうかと思う。
しかし、実際それにやられてる読者がここにいるんだけど^^;








ハンター


今のユピーの顔って何かに似てるなーと思ってたんだけど、
アイアンリーガーだった。








いぬまる


いぬまるが始まる前の
大石先生の猫カフェ&メイドカフェの読切のヒロインが
すっごい好みだったなー
それを思い出す回でした。






トリコ


鉄平ってそんなに凄い人だったのか!


敵の威厳の崩れなさが凄いなー。

千匹以上の虫に孵化エネルギーを与えた副料理長に対して
トリコがなんとか互角に渡り合ったと思ったら、
そいつが本気を出してムキムキになってパワーアップし、
さらにそれでもなお今回登場したパラサイトエンペラーに
力の大部分を奪われていたという。

このパラサイトエンペラーの出現には燃えますねー。
ジャンプ漫画の悪役は、伝統的に「人物」に集約される傾向があり、
人外であってもせいぜいフリーザやセルのような
人型を大幅には逸脱しないキャラであることが多い。

明らさまな「動物」や「怪物」は、
悪役としての頭数にカウントされ辛いことが多いので、
今回人物を前フリにして
ボス的なポジションでこの怪物が出てきたことは新鮮。

さらに大陸の主のヘルボロスまで復活するおまけつき。
怪獣大決戦が見られるのでしょうか?








リリエンタール


一気にすぐそばにワープしてきて
リリを攫っていってしまう反則っぷりに唖然。

今までは一般住宅にすら大きく出られない組織は
無能過ぎと思っていたのに、極端すぎる転換だなー(笑)

ジョジョで言えば
花京院がホリィさんの魅力を語っている間に
どこでもドアでエジプトのカイロのディオが寝てるそばへワープして
裁くのは紫外線照射装置だオラオラオラ
バカなァーッこのディオがァーッ

みたいな展開ですね。



テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

景

Author:景
必殺技はメイプルリーフクラッチです
よろしくお願いします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。