スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ2014年4・5号感想(WJ4・5号感想)

修行僧マリステン

 「『ファブリこども世界名作シリーズ』という28冊56話の絵本を買ったぞ。
  筆者の子供の頃うちにあったんだが、いつの間にかどっかへ行ってしまっていたんだ。
  amazonの中古で全巻セットを二束三文で入手することができた。
  いやぁいい時代になったもんだ。」

蝕老




 「絵本?幼児退行でも起こしてんのか?」

修行僧マリステン
 「まぁ待で。待で待でて!
  この絵本は大人でも楽しめる。
  素晴らしく美麗で秀逸な絵で描かれているんだ。
  外国人の絵師で、もちろん漫画文化なんぞにも毒されていないという点で貴重だ。
  著作権的に問題がありそうなんで絵を紹介できないのが残念だよ。」

蝕老




 「ほう。一応そんなもんを気にするバッチリした殊勝な良識があるのか。」

修行僧マリステン
 「一番気に入っているのが最強の犬が登場する『3匹の犬』という話だ。
  名前を呼ぶとその名前の通りの能力を発揮する3匹の犬がいるんだが、
  そのうちの一匹『それを食べろ』は、なんとドラゴンの
  いけにえにされそうな姫様を助けるために、
  ドラゴンに対してけしかけられ、自分より遥かに大きいドラゴンを
  食い尽くしてしまうんだ。」
蝕老


 「犬に食われるドラゴンって大概だな…
  ドラゴンを食っちまう犬って…
  どういう胃袋の構造になってるんだ?」

修行僧マリステン


 「それはいわゆる"論理能力者"ってことなんだろう。
  我が忠実なる僕『それを食べろ』に弱点はない…
  命じた獲物は何であろーと喰らい尽くす」

蝕老




 「…せっかくの情趣溢れる絵本の物語も、お前にかかったら台無しやな」

修行僧マリステン
 


 「さて、それじゃ本編の感想に行きますか!
  今年はこれで最後になるんだなぁ。」

















ONE PIECE


修行僧マリステン


 「セニョールピンク!外見から何から突っ込みどころ満載のキャラだな。
  今回は変態対決か、と思ったら
  フランキー自身から何だあの変態野郎という言葉が出て笑ってしまったぞ」

蝕老
 
 
 「地面を泳いでいるようだが…何かの実の能力か?
  泳ぐだけじゃあどんな攻撃をするのか検討もつかないが。
  まさかオアシスと全く同じってことはないよな。」

修行僧マリステン
 「ドンキホーテファミリーの一覧が表示されて、わかりやすくていいな。
  主要な敵は13人で、そのうち4人はもう戦闘ないかもしれないので9人程度か。
  少なく見積もっても一人一殺は期待できそうだな。
  個人的にはロビンに幹部を倒してもらいたいぞ。加入時は戦闘力上位キャラだったのに、
  最近はそれほど活躍しなくなってるからなぁ。
  ただ、敵が魚人島みたいな弱小軍団なのは勘弁な!」







トリコ


修行僧マリステン
 「今週は個人的には神回だ!
  悪のために料理を作らないという料理人達をよそに、
  小松はお腹がすいた人のために料理が作りたいだけと三虎に料理を振る舞う。
  アンパンマンの作者も、信じていた日本が第二次大戦で負けて
  何が正義かわからなくなった時に、食糧難の状況で、
  腹を空かした奴に飯を食わせてやることだけは間違いなく正義だと考えたらしいからな。
             それで小松はどうやら三虎を満足させてしまったようだ」
蝕老


 
 「捕獲レベル500とかの猛獣がうじゃうじゃいる場所に行ける三虎が
  センチュリースープを有難がるわけもないよな」

修行僧マリステン


 「そういう食材のレベルの問題じゃなくて、多分家族に作るような、
  まごころのようなものが味に反映されていたのを感じたってことじゃないか?
  焼野原塵のヒロインのクッキーでもいけるかもしれないな。」









斉木楠雄


修行僧マリステン

 「ハッピーないい話でよかったな。
  いつかの革の盾のクリスマスのような救いの無い話じゃなくて
  えがったえがった。
  いい話でオチをつけるのがこのマンガの生命線だと思うぞ」

蝕老


 「先週のちょっと卑怯な手段で勝って喜ぶ灰呂なんかを見ると、
  黄色信号が点灯しちまうからな。
  勇者学とは違うというところを見せ続けて欲しいもんだ」








アイアンナイト


修行僧マリステン



 「うわぁ、まさか倒しきれないとは、予想してなかった。
  悪い流れだなぁ。」

蝕老
  

 「人間達はアホだな。沼沢さんは全員ゲロクソにする宣言してるってのに、
  鉄兵を味方につけないで、どうやって身を守るつもりなんだ?
  沼沢さんが離れたら、雑魚ゴブリンにだって襲われるかもしれねぇじゃねぇか」

修行僧マリステン

 「何人かは残ってるはずの沼沢の手下も存在をスルーされてるし、
  そういう細かいところが気になってしまうな。
  閉塞感を打開するにはやっぱしパワーアップイベンツ!が必要だな。
  冷気属性のヒロインとの合体技でメドローア!でもいいぞ。
  ちょっと言動がストーカーっぽいヒロインだがな!」









修行僧マリステン


 「いやー今年もこれで終わった終わった!
  ていうかメインのPCが逝ったっぽいんだが?
  復旧を試みてるがダメかもしれんな。」

蝕老
 
 

 「結構使い込んでるからな。
  XPのサポートも終わるし買い替え時じゃないか」
 







テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

景

Author:景
必殺技はメイプルリーフクラッチです
よろしくお願いします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。