スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ2014年33号感想(WJ33号感想){三火僕食虜狩捨}

修行僧マリステン







「グ、グム~・・・
 以前ワールドトリガーの略称を『三』にすると言ったが致し方ない。
 不本意だが『悪』にするか」




蝕老



 



「いちいち紛らわしいな」




修行僧マリステン
 






「しょうがないじゃん!
 まさかホントに『三』で始まる漫画が始まると思わないし!
 じゃ感想ね!」









三ツ首コンドル


修行僧マリステン







「ふ~む。まぁちょっと拙い気もするけど、
 絵も見やすいし、あまり難解な設定は出してこない。
 よくある変に妙な要素に毒されたりしてない、純朴なファンタジー世界だな!
 とりあえずなかなか好感触なので、応援していくことにするぞ!
 なんかSANTAやメタリカメタルカを思い出すのが不安だがな!」





蝕老







「人の事を言えた身じゃねぇんだが、表紙の主人公の目がキモいぜ。
 なんで誰もダメ出ししなかったんだ?一発目からナメてるだろ!
 これが300万部ぐらい印刷されたのか?!」



  
修行僧マリステン







「お前は、遊戯王が始まった時の表紙で、遊戯の目がどれだけ
 キモかったと思ってるんだ?
 これは大ヒット漫画になるジンクスにあやかってきたということだろう!
 とりあえず、主人公の戦闘手段は、動体視力が凄まじい目のウィッチ・アイと、
 ロックマンのように手に入れた魔女の宝を駆使するのとの併用らしいな。
 どうなんだ庭師よ、同じ特殊な目を持つ者として親近感がわくだろう!
 ちなみに庭師の目は、イクリプスアイズといって、三匹の神獣の兄弟の次男の
 力を封じ込めたもので、夢の世界を食らい尽くす神獣の力によって、
 夢の欠片から生まれた怪物たちの制御・・・」




蝕老







「どっかよそでやってろ。
 現時点では三つ首コンドルってタイトルの意味がわからんな。
 読切ではたしか、マシマロの盗賊団の名前で、
 あとトリコのグルメ細胞の発現みたいな位置づけで、
 巨大な三つ首のコンドルが出たんだっけか。」








火ノ丸相撲


修行僧マリステン







「うっほほーい!
 なんだこの掲載順は?人気があるってことなのか?
 今週ワンピースないし、男気プッシュ補正もあるのかもしらんが、悪い気はしないな!
 なんだよー、いまどきの読者にもやっぱりこういうの受けるんじゃん!
 この調子でこないだの『あばれ猿』来たりしないかなぁ。
 なんつーか、一時は耽美方向へ向かう一辺倒だったジャンプが、変わるかもしれんぞ!」




蝕老







「諸行無常の栄枯盛衰。
 ジャンプはちょっとミスったら即攻打ち切りだから、
 過信は禁物だぜ。」




修行僧マリステン







「美月の必殺技に、立会いのシーンに、これまた絵で魅せてくれるし、
 展開も非常に漫画巧者だと感じさせられるな。これがホントに初連載なのか?
 非常にスピーディな展開で、北斗の拳の1巻でもうシンと対峙するようなかんじだな。
 ところで、名門で力のあるはずの石神高校の二番手にあまり覇気が感じられないんだが・・・
 主将に比べるとかなり小柄だし、
 この人も何か見た目ではわからない武器を持っているんだろうか?」




蝕老







「いくらなんでも、ユーマを主将には勝たせねぇだろう。
 ということは、火ノ丸が勝って、
 次の部長の試合がネックになると予想しておくぜ」







僕のヒーローアカデミア


修行僧マリステン







「オールマイトさん素敵。いい師匠や。キン肉マンがカメハメ師匠から技を習ったように・・・
 最近のジャンプでこんな素敵な師匠キャラいたかなぁ。
 動物園の主人公のウサギはなんかスカしてた印象だったんだが、この作者から
 こんな熱さを前面に押し出した展開が出てくるとは予想だにしてなかったよ!
 バルジ?うーん読んでなかったなぁ。なんかチンピラがダークエネルギーとかいって
 おっさんを蹴り飛ばしてたのしか覚えてないや」




蝕老







「おい!どう考えても前回のフリだと、個性の無い奴が無いなりに
 自力で機知と努力を駆使して何とかしていく流れじゃねぇのかよ!
 ふざけんな!」
  



修行僧マリステン







「まぁやってることを冷静に見ると、あまりに渡りに船な気もするんだが、
 心理描写や努力描写を丁寧にするだけで、これだけ印象が良くなると思わなかったよ。
 映画で見たキャプテンアメリカより、よっぽど苦労してからヒーローになるかんじじゃん。
 個性を受け継ぐ個性ね。普通はボディービルダーの子供でも生まれつき
 筋肉ムキムキだったりはしないが、それを可能にしてしまう能力ってことかな?」




蝕老







「オールマイトは空を飛んだりしていたから、
 いわゆる『個性』も受け継げるようだな。」
  



修行僧マリステン







「オールマイトの能力もいろいろあるかもしれないなぁ。
 Xメンの初期メンバーの
 サイクロップスの目から光線!
 アイスマンの冷凍能力!
 ジーン・グレイの超能力!
 ビーストの超人的身体能力!
 エンジェルの飛行能力!
 5人分合わせてスーパーマン!ってかんじか」




蝕老







「オールマイトはもう一つ能力があるぜ。
 髪の毛を食わせて爆散させるという超必殺技がな!」




修行僧マリステン







「マッチョじゃない相手に限るな・・・」






食戟のソーマ


修行僧マリステン







「うおああ!熱い展開だなぁ!
 ここまでの4戦で一番熱い戦いじゃないか!
 安易に『昨日までの僕に勝てても今日の僕には勝てないよ』みたいな展開じゃなく、
 必死に最善を尽くそうと足掻こうとしてる緊迫感がいいね。
 タクミに勝ってほしいなぁ」




蝕老







「これは、
 『いつもオリーブオイルをお守りにしているお前ならこう使ってくるに
  違いないと思っていたぜ~』って流れじゃねぇのか?」




修行僧マリステン







「そんなの、どこかで美作のストーキングを振り切らないことには絶対勝てないじゃないか・・・
 と思ったが、イサミが無断で材料に手を加えてましたって展開なら
 なんとか納得のいく形になったかもしれないな。」








トリコ


修行僧マリステン







「いきなり八王と対峙するのか。
 あまりいい勝負してしまっても、残り7体のインパクトが薄れてしまうし、
 絶妙なさじ加減が要求されるな。」




蝕老







「エアは数百年に一度しか実らないんだよな。
 ならアカシアが一回は捕獲してるだろうが、それは
 相当昔ってことになるな。
 まぁ明らかに寿命が引き上げられてる奴が多いとはいえ・・・」








ハンターハンター


修行僧マリステン







「おお、この中に一人スパイがいる!ってやつか!
 これ予想するの楽しいんだよね。
 ガンガディンお前、今までまったく目立たなかったのに急に強制出撃になったら
 そりゃ怪しいと思うにきまっとるわ!」




蝕老







「誰が龍騎兵団ダンザルブの話なんぞわかるんだよ。
 で、誰がスパイだと思うんだ?」




修行僧マリステン







「それは・・・ギンタやな!
 ギンタだったらおもしろそうじゃん。
 ってかキメラアントは危険度Bって戸愚呂かよ!
 会長が命がけで殲滅したのに随分大きく出たもんだなぁ。」








ステルス交境曲


修行僧マリステン







「おつかれさまでした。なんとパン屋はホントにブラックドラゴンでした!
 うーん、始まったときはなんでもありでいろんな種族が登場する世界に
 わくわくしたものだが、ジャンプでは通用しなかったか。むつかしいね。」




蝕老







「だーかーらー、ジャンプじゃファンタジーな世界で複雑で難解な設定を
 ベラベラ説明するヒマはねぇんだよ!
 もっともっとわかりやすくしねぇとなぁ。
 せめてそういうのは連載が軌道に乗ってからにしねぇと
 即攻打ち切りなのは確定的に明らかだ。」




修行僧マリステン







「頭でっかちだったのは確かだな。
 最初の数回でどう楽しんだらいいのかの方向付けもされなかったし、
 キャラのいいとこを見せるのもおざなりになっていた。
 伏線を張るのはいいんだが、
 お客は料理が出てくるのを待っているのに、
 延々と下ごしらえを見せつけられた感じだったな。」




蝕老







「まぁ俺は、ダークエルフの扱いがまぁまぁよかったんで、
 それには満足しているぜ」




修行僧マリステン







「う~ん・・・これは個人的な好みの話なんだが、
 平然といろんな種族が登場したのはいいんだが、
 もうちょっと種族ごとの性質にも個性を持たせて欲しかったなぁ。
 ドラゴンはともかく、他のキャラは別に全員人類でもあまり不都合がないというか・・・
 アリスが血を吸うのと、社長と署長が100年たっても生きてるってぐらいだろ?
 たとえばエルフならこれが得意でこれが苦手で・・・みたいなのがあって欲しかったんだよなぁ」















修行僧マリステン







「今週はここまで。
 よろしく哀愁」




テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

景

Author:景
必殺技はメイプルリーフクラッチです
よろしくお願いします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。