スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WJ40号感想

ジャンプ40号の感想です。
やっぱし、感想はじめてから、
ジャンプを前より読み込むようになって、
楽しさのエッセンスの抽出量が多くなりましたね。


以下感想。

めだか、ワンピース、とらぶる、銀魂、鍵人、バクマン、ブリーチ、トリコ
になります。



めだかボックス

「あたしはあなたがキライだし あなたはあたしがキライです」

めだかと半袖がお互いをキライということを、明示してくれたのがよかったです。

そうではないかという雰囲気を匂わせてはいたものの、
「半袖に関して、作者は別に何も考えていないのでは?」という可能性もあったので、
そういう展開を期待していいものかどうかもわからなかったしね。


半袖は初期から一人だけ、めだかのことをお嬢様と呼んでいるので、
安直に考えてみると、黒神家の使用人だか御庭番だかの家系か、
黒神財閥に吸収合併された子会社の令嬢とかそういうノリなのかな?


めだかは、お嬢様と言えばお嬢様で間違っていないんだけど、
大多数の人間にとっては、「それどころではないでしょ」、
な強烈なアイデンティティを持っている人なので、
一人だけ敢えてお嬢様と呼んでいるのには理由がありそうですね。


半袖の善吉へのアプローチが、"100%"めだかへのあてつけ、嫌がらせだけが
原動力になっていて、善吉自体は何ッとも思っていないのだとしたら、ちょっと残念かもね~。
「都合のよい時だけ友達」とか「腹黒い」とか公言しちゃってはいるんだけど。





めだかちゃんは副会長には、めだかに全肯定の人間よりも、
対抗するぐらいの人材の方がいいらしい。
そして半袖がNGということならば、雲仙先輩ヘッドハントもあるということなんでしょうか。

確かにめだかと向かうベクトルが少し異なり、
なおかつタメを張れるほどのキャラが副会長に居座れば心強いし、生徒会の視野も広がる。
雲仙先輩は10歳児ということで、ビジュアル的にも
生徒会のメンバーに新たな個性を添えてくれそう。

今のところ、キャラデザは生徒会メンバー以外の方が、全体的に好きなんだよね。
個人的には阿久根さんになにか髪型イメチェンして欲しいんだけど(笑)


しかし、ここまで雲仙先輩のメチャクチャな暴力描写をしてしまったら、
よほどのきっかけがなければ味方に引き入れられないと思うんだけど、
どうするんだろうね。

風紀委員長の後釜は呼子さんでも十分に務まりそうな気はするけど。


雲仙先輩はフツーにめだかちゃんに暴力振るいます。
攻撃は、何かを引っ張っているようにも見えますが、なんでしょね。
10歳児が女を、対等の立場で暴力振るうって、いろいろとボーダーレスな漫画だこと。


雲仙先輩の刺客は、
・ぼっちゃん刈りのウルヴァリン→喜界島
・ジャイアン系ぽい自転車→阿久根
・鎖の女王様(呼子?)→善吉


善吉と阿久根さんはなんとかなるかもしれないけど、
喜界島さんは特に戦闘能力もない気がするので心配です。

この漫画の今までの暴力系のキャラは、いまいち魅力に欠けるものばかりなので、
あまり期待できないけど、ちょっと頑張って欲しいところ。

生徒会潰しって暴力で上下をわからせるってことか。
なんか番格決定戦みたいだなぁ。


ところで、オーケストラ部は何をどうすれば迅速に死亡しなくて済んだんだろうね。
部活するなってのと同じじゃん!







ワンピース

"巨大な的"オーズに七武海が猛攻をかける。
うーん…ちと笠の過去話はあまりにとってつけたようで、弱いかなぁ。


くまは、ウルススショックで攻撃!

量産型をお飾りで置いている可能性も考えていたんだけど、本当に本物なんですね。
ルフィ達を逃がして、ボルサリーノさんに「これは大問題だよォ」と言われていたのは、
一体どう丸く納まったんだろう。

ルフィ支援ということで、単純に考えるとドラゴン、革命家寄りと予想できるので、
海軍に忠実ではないけれど、かといって白ヒゲも味方ではないということでしょうか。



ドフラミンゴは、オーズの足を切り落とす!

うひぃ。生身の人体断裂を、この漫画で急にやられるとドキッとするなぁ。
さんざん新しい時代を口にしているドフラミンゴの見せ場は、
このドンパチの後からが本番と思われるので、

立場的には戦いにはあまり興味は無いが、
ちょっとテンションが上がってたところだし、
降りかかる火の粉をを払うついでに殺っちまえというノリで、
能力の片鱗を披露といったところかな。


そしてトドメはモリア!

よかったね。大ゴマで見せ場もらえてよかったね。

当サイトでは、王下七武海・ゲッコー=モリアを、世間一般よりは応援してはいます。

が、君はもう終わったキャラなんだから、あんまり目立ち過ぎると、
シャーマンキングのメキシカン
(注:トーナメント1回戦で負けたのに、
   全体がインフレしてきた終盤でまた出てきて主要キャラを瞬殺してしまった敵キャラ)

のようなウザさを感じるのでほどほどにしといた方がいいと思う(笑)

新しい時代を見据えるドフラミンゴと違い、新世界で夢破れたというモリアは、
この戦いあたりが、キャラ人生の落としどころじゃないかなぁと予測。
七武海で誰かがやられるとしたら、このお方抜きには考えられない。
期待しているよん。



結局オーズは、ただのデカいウドのでくの坊のサンドバッグで戦力にならず。
まともに頭数にカウント出来そうなキャラは、今のところ

白ヒゲ陣営: 白ヒゲ、マルコ、ジョズ

政府陣営:青雉、赤犬、黄猿、ミホーク、ドフラミンゴ、モリア、(くま、ハンコック)


といったところかな。
白ヒゲ海賊団の他の隊長や、雷卿なんたら達は所詮は雑兵クラスなのかな…少し寂しい。

白ヒゲ陣営にルフィ・イワンコフ・ジンベエ・クロコダイルが加われば、
あるいは互角に持っていけそうな気もする。
イワさんはエースを助ける義理は薄いし
クロコダイルの具体的な立ち位置も今のところ不明だけど。

先週大々的に特集された黒ひげ達がこの戦いに終止符を打ちそうな予感がするのと、
くまがルフィと二度と対面しない可能性が高いということが、今度の展開予想のネックですね。







とらぶる

え?あれ?終わっちゃった…

唐突。特にいつもと変わらないノリだと思ってたので…
最近の流れをもうちょっと真面目に読んどくべきだったかも。
3年間の連載、お疲れ様でした。


主要読者層から明らかに離れている人の意見という前提で言うけど、
俺としては、とらぶるの絵は
可愛いし、綺麗だし、繊細で丁寧だし、"好き"なんだけど
なーんか響いてこないというか、
要するにあまり萌えなかったんですよね。

春菜ちゃんがアグレッシブな性格になった回は、あれだけは別として。

全体的にロリキャラがデフォで、ほぼ全員ロリに見えるキャラしかおらず、
ロリと超・ロリの間の差別化しかしていないのが好みじゃなかったのかな。

あと、最初の方のヒロインのララ、春菜、ルン、ヤミの4人が
春菜以外似たような顔・髪型で、バリエーションに乏しく、
区別があまりないので、誰でも同じじゃんと思ってた。
(カラーになると色で区別がつくのかもしれないけど)


   
      もっと個性を!




にしても、人気が出て長いこと続いたことにも納得だし、
矢吹先生はまだまだ若いのに、素晴らしいヒットメーカーだと思うし
イメージは凄く良いです。


原作の長谷見先生は、よく知らなかったんですけど、検索してみたら、
かわいい女の子がたくさん出るアニメを多く手がけている作家さんで、
まさにその道のプロだったんですね。

ジャンプ漫画の劣情関係の描写は、「趣味に走り過ぎ」なのが
見て取れてしまう浅薄な印象のものが多く、
まぁ、そここそが魅力的とも言えるのですが、

とらぶるに関しては、本当、プロの仕事という印象でした。
全体的にクリーンで汚なさや嫌らしさが極力抑えられた雰囲気だよね。
原作者の思惑通りなのか、
矢吹先生に任せた結果そうなっただけなのかはわかりませんが…

矢吹先生はまだまだ第一線でやれると思うので、
またいつかジャンプに戻ってきてほしいですね。

お色気漫画に、限らず…と思うんだけど、
以前のブラックキャットのような、一切「見えない」漫画を描くことを、
世間が許すんだろうか。


いいじゃん。
トレイン=ハートネットとかスヴェン=ボルフィードとかグラビディ張り手とか、好きだよ。
いやまぢで(笑)


しかし、来週から結城リト御大の活躍が見れなくなるとは寂しくなりますね。
偉大なる勇士に敬礼ッ!








銀魂

マダオさんマジかっけ~~!!
先週もさりげにラジオ体操してたし、いい人だ。

社会的・経済的にうまくいっていなくとも、漢は輝く…
はずが、そこで神楽あたりに暴言を吐かれておとされるのがいつものパターンなのに。

ママンが脚本というオチが、ギャグとして成立している上に
どこまでが事実かを想像に委ねられるし、
劇中でマダオおじさまの情に気付かず見捨て去っているママンは、
実はそうでなかったという救いがある結果にも取れるということで、
本当レベル高い構成ですね。



九ちゃんの側近の北大路さんってどんなんだったか覚えてないな。
今回の北大路五月と関係あるんだろうか。



…で、ところで、さっちゃん回はまだですか?

当サイトでは、猿とびあやめをわりと応援している気がします。








鍵人

鉄の手のクロケット。
鍵人を知っており、能力を目の当たりにしておきながら、ツバメの前に立ちはだかる。
素で鍵人ツバメを抑えられる自信があるということ。

鍵人が物語の重要ファクターなんだけど、鍵人ではない者でも鍵人に勝てる。
鍵人で無くても強いなら、別に鍵人いらないじゃんと思うんだけど、
機械の腕のように見えましたが、この鉄の手とはなんなのだろう?


超能力バトルのルールを敷いておきながら、その能力と関係ない要素でも戦える漫画というと
ワンピースがあるわけで、初期のワンピースを思い浮かべると鍵人と似ているかもしれない。

砂ダコ=近海の主
デネブ=金棒のアルビダ
鉄の手のクロケット=斧手のモーガン

と考えるとピタリとハマってしまうような。







バクマン

やった!これですよこれ!
やっと漫画製作に戻ってくれた!
いや~ここで振り返ってみると、やっぱり入院の話は本当にどーでもよかったです。

復帰で表紙もらえるって凄いな。

ファンレターがほぼ100%女の子って…どんな漫画なんだ。
つーか今まで読んでなかったの!

その貴重な女性意見を取り入れるとなると、
「アミちゃんウザい消えろ」という
ヒロイン叩きに従わざるを得なくなったりしないんでしょうか(笑)
そしたら、最高は困ってしまうよね。






ブリーチ

さぁさぁ次の対決は?と思ったら
また骸骨が載っててズッコケそうになったよ!

普段から骸骨で、ジジイ形態じゃないのね。





トリコ

「そのへんてこな複眼」って、さりげに言ってるけど、
フツーに人外なんだね。

グリンパーチさんが、笑いながら頬を赤らめているように見えるコマがあって、
やめんかい!と思ってしまいました(笑)

トリコとグリンパーチさんの対決は、料理町の呼び出しにより中止に。
てか、通信機らしき物体は、毛のカタマリに見えるんだけど、コレ、何?


グリンパーチのペットは捕獲レベル85とかいう馬鹿みたいな数字の
ジャックエレファント。コレを懐柔できるってのは半端ないですね。

この、やられ役のようにも思えた今回の敵が、
以後のストーリーにも居座り続ける強敵であるというのは
個人的になかなかよい展開です。



テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

景

Author:景
必殺技はメイプルリーフクラッチです
よろしくお願いします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。