スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WJ43号感想

土曜発売の方が、感想は書きやすいです。

以下感想
めだか、ワンピース、ブリーチ、リリエンタール、保健室の死神、
バクマン、ぬらりひょん、銀魂、トリコ、鍵人

になります。



めだかボックス


誰も傷つかないように尽力してきて、
聖者と形容されためだかちゃんですが、
雲仙先輩の逝かれっぷりにマジギレ!

めだかは絶対的な正義ではないし、行き過ぎた相手には感情的にもなる。
でも、常に「正義であろうとしている」。
極論で片付けるのではなく、向かおうとする姿勢が大事なのね。


よく、善玉のキャラに、
血も涙も無いような悪玉が、
「絶対的な正義などないのですよ」だの
「あなたは所詮偽善なのですよ」だのと
口走るシチュはありますが、
正しくあろうと努力しているキャラに、
何も人のことを考えてないキャラが偉そうに講釈たれるのは好きじゃないです。

北斗の拳ぐらい無秩序な世界ならそんなこといってられないだろうけど(笑)


めだかちゃんがカッコよく決めているシーンで、
背景に今までの話のコマが敷き詰められているのですが、
なんか、正しくあろうとしているというセリフに対して
検討違いな場面ばかりのような気が(笑)
これもそうだったのか!?とびっくりするは。


それはともかく、スーパーサイア妖魔化ハイパーモードの
めだかちゃんはあんまり可愛くなかったです・・・
目がイってるし・・・男らしすぎる(笑)
綺麗な目なままのほうがよいよ絶対。


殺人鬼相手なら、別に暴力振るったって、
正当防衛ってヤツで無罪ではないのかなと思います。
児童虐待・・・なんだけど、雲仙先輩に対して、一切子供扱いしてない、
対等のやりとりをしてきたので、最後まで、
子供であることをアイデンティティとしなくていいと思います。
フツーに子供、それはそれとして、というかんじ。


ダンプの衝撃にも耐える雲仙先輩のトップクに対して、
黒神パンチ×3までならOK(ソニックブラストマン?)というめだかちゃん
一発目で血を吐いとりますケド(笑)







ワンピース


えーー
くまとルフィが普通に会ってるじゃん!2度と会うことは無いって言ってたのに・・・


くま「パシフィスタは嘘つきではないのです。間違いをするだけなのです。」

うーむ、まさか、ルフィが一味の仲間と二度と会わないなんて意味なわけはないし・・・
あのセリフはなんだったんでしょ。


ネットで見た意見で、

くまは、改造が進むことによって本来の意思を失ってしまうので、
ルフィを弾き飛ばした時が、理性を保っていられた最後の場面。
次に会うときは完全ロボクマであって、人間のくまとしては、もう2度と会うことは無い、


という意味だという考え方があったのですが、もしかしたらそうなのかな。
あれから、くまは「・・・・・・」以外しゃべってない気がするし。


自然と白ヒゲと対等に接するルフィの、風格の持たせ方はうまいなぁと思いました。
いきなし「百万人に一人の覇王色の覇気」とか取ってつけたように言わなくても、
行動で凄さを見せてくれればいいです。

なかなかルフィがかなう敵ではないかもしれませんが、
きっとなんとかして風穴を開けてくれる筈。







ブリーチ


もうさ、スターク主人公でいった方がよくない?
ルックスもイケメンだし。


>子どもの遊びを具現化

なんでリリエンタールの直前に・・・
同種の仮説が立つ回だったのに。せめて後ろにしとこうよ。
新手の新人いびり?やーねー。







リリエンタール


「かしこいいぬ」じゃなく「かしこいけん」なことに今更気付いた・・・(汗)
題名的に「アルジャーノンに花束を」みたいなのを連想したんだけど、
当たらずとも遠からず?違うか

絵がゴチャゴチャしてなくてキャッチーなのはよいですね。
一般受けしそうな素朴なほのぼのな雰囲気もべネ。
普段ジャンプにあまり興味無さそうな層も取り込めるポテンシャルがありそう。

ダメ人間をネタにする漫画のギャグが洒落にならなく感じたり、
ひたすら努力・根性を要求し続けるバリバリ体育会系の漫画に疲れたりした時でも
安心して読める漫画かな?

ただ、やっぱり自分がジャンプに求めるものは、根源的には
子供向けの絵本やニンテンドーの作るようなゲームほど行儀の良いものではなくて、
泥臭さをはらむものなんだよね。







保健室の死神


ベルばらみたいな顔のロリババァが登場
かわいい・・・マツゲながい・・・

なんていうか、この人の存在自体に笑いました。
登場するなり、ハデス先生を「風景ににそぐわん」と。
あんたが言うな!!

ハデス先生とのイロモノ2ショットはなかなかよいねー。


このキャラ単体はいいんだけど、
ジャンプ全体では、アクセントとしてのゴスロリ要素は少し食傷気味ではあるね・・・


ハデス先生が振り向くシーンは素で怖かった(笑)
「独身ですか?」だけでなく
「グラサンかけた筋肉ダルマな弟さんとかいないんですか?」と聞いてみて欲しいです。


メインテーマであろう病魔との戦闘シーン(?)をバッサリカットする潔さよ。

って、この三途川さんが校長かよ!







バクマン


港浦さんってそんなに「駄目」ですかね?

そもそも漫画家サイドが、何の構想も持っていないから
主導で進めていこうとしただけであって、
そりゃもちろん、完全に主人公達と考えが一致しているとは限らないだろうけど、
港浦さんの起こしたアクションがあって初めて、
打たれて響くものがあって、自分達がこだわりたいものに気付くことができて、
結果として、亜城木夢叶が描きたいものを見つけられたのだから、
いい編集じゃないですか?
それがいきなり、まるで無能の悪者のように扱われるのはどうかと思います。

仮にはじめから、「エグい話で行きたいです」「『この世は金と知恵』で行きたいです」
と強く意思表示をしていれば、また港浦さんの反応も変わったと思う。

自分の作る作品なんだから、
描きたいもの、面白いと思うものがあるなら自信を持って出していくべき。
それが無かったのに、人にケチをつけるのが先に来るのは関心しないです。

港浦さんと戦うというのも、
漫画的に限りなく絶対的に近い価値基準を備えさせられているのであろう、
エイジ&服部哲編集の後押しをもらってはじめて思ったわけだし。

描きたいものはわからない、
けど人に言われるままにはならない自分なりのこだわりは確かにある、
でもやっぱり人の目も気になる、ってどうなの。
もうちょっとシャキっとしなよ。

さらに内部的な話をすれば、
これが、作画担当者の、明らかに領分を越えている意思で動いているのが、
お話としてはうまくいっても、一般的に考えてあまりよくないことなんじゃないかな。

話を考える上でメインとなるべき、
漫画製作者としてのシュージンにもっと主体性を見せて欲しいトコロです。
見吉さんを絡めたやりとりなんかには、シュージンの性格がよく現れているんだけど、
いち漫画製作者としてのシュージンは無味無臭に思えます。

なんとなく流されて、なんとなく作画担当の思い通りになって、
なんとなくだけど、すごいいいシナリオを作ってくれる都合のいい存在、みたいな。

なんだろうなぁ、創作物にはもっと情念を込めながらつくって
しかるべきだと思ってしまうのは、素人考えなんでしょうか。
福田先生みたいにポリシー持って、
性格が現れているような漫画描いてるような人も、好きですよ。







ぬらりひょん


人気投票開催。


そ、そんなぁ・・・
人間時と妖怪時で別枠だなんて・・・!
人間時が可哀相過ぎて見てられないッ

皆様、奴良リクオ(人間)に清き一票をッ!


俺のジャンプでは、赤河童様が印刷「まっくろ」なんですけど(笑)
こんなんじゃあ、赤河童様の得票数が不当に減ってもおかしくないじゃないか!
なんてことだ!許せん!!公正さを欠く人気投票だ!


で、一つ目入道(過去)がいいと思うんだけど、単独項目はないの?







銀魂


捕らえられた猫たちは保健所行きかと思ったら、
猫人天人の惑星で、なぜか救世主扱いになるというSF展開。

なんだろ?ネズミが多すぎて困ってるとか?(笑)

ホウイチが元々人間だったというのも意外。
すごく重いものを背負った漢だなぁ。
縄で締め上げられるのはかわいそう。
ホウイチ救われて欲しいな。






トリコ


さりげに、コンソメマグマスープを飲む機会を逃しちゃってるね。
どこにでもある調理器具で、どうやって摂取可能になるのか見たかったな。

トリコはコンソメマグマは未経験らしいので、
せつのんとは顔見知りでも、フルコースを振舞ってもらった経験はないのかな。

殺伐サバイバルなグルメハントもいいけれど、
一転して安全なレストランで味わうグルメ食材シリーズもいいですね。


まさかのグリンパーチさん大人気(?)に笑った。
同志が!!






鍵人


デジャニラ様が殴られるシーンで、
仗助が露伴殴って「ブギャ!」「はぎっ?」なシーンを思い出しました(笑)

そのあとは、多分多くの人が思っただろうケド、
ポルナレフがありのまま起こったことを話さなくちゃいけないような状況に。



アスラの相手をしないといけなくなったからといって、
別に燃えないのはなんでだろう。
どっちが勝つにしても、たまたま攻撃が命中しましたってかんじで、
特に理由が要らない気がするからかな・・・



テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

景

Author:景
必殺技はメイプルリーフクラッチです
よろしくお願いします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。